マイカート
リヤドロ

ポーセリンへの情熱の物語

リヤドロは、スペインを代表するブランドのサクセスストーリーです。 ポーセリンアート作品のデザイン、製造、流通の世界的リーダーであるリヤドロには、卓越性を追求する才能、大胆さと繊細さがユニークに融合されています。

彫刻からライティング、ホームアクセサリー、ジュエリーまで、リヤドロは現代的でスタイリッシュ、オリジナルなライフスタイルを象徴するブランドです。

リヤドロは、リヤドロ三兄弟 - フアン、ホセ、ビセンテ - のポーセリンへの情熱の物語です。 ポーセリンに人生を託し、自らビジネスの一大帝国を築いたアーティスト達。

1953年、マイセン、セーヴル、カポディモンテの偉大なヨーロッパのメーカーの作品に触発された彼らは、アルマセラ村の自宅で、最初のプレート、花瓶、陶器の置物を作り始めました。

この時期、花のモチーフやチュール複雑な技法が初めて登場しました。これは、今日でもブランドの作品に数多く見られる名人芸の一端です。

この時代の終わりに、リヤドロはバレンシアに最初のショップをオープンしました。
  • リヤドロ

絶え間なく芸術性を追求した結果、この時点で、細長いフォルムを作品に取り込む独特のスタイルが生み出されました。それにより、リヤドロ作品は世界的に有名になりました。 材料を器用に自在取り扱うことを示すかのごとく、作品はますます複雑で動的になり、重力の法則に挑戦します。

リヤドロ
リヤドロ

リヤドロは、従来のトリプルファイアリングに代わる革新的なシングルファイアリング方式を導入しました。 この先駆的な手法により、ブランドのもう1つの特徴が確立されました。作品の大部分に特徴的なパステルトーンです。 この時代、資格を持つアーティストと技術者を会社に提供するために、本社にプロフェッショナル・トレーニングスクール(職業訓練学校)も設立されました。 1965年、約10年の功績により、リヤドロはアメリカ市場に参入しました。 そして1969年、リヤドロは本社を現在のタベルネス・ブランケス(バレンシア)に開設しました。

70年代は、非常に忙しく、また創造性が成熟する年代です。 達成された品質により、リヤドロはより野心的な作品に着手しました。最初の限定シリーズが誕生し、国際的認知が明確なものとなります。

徹底的な研究の後、表現力豊かな世界を開く新しい素材であるグレス作品を始めます。 この素材特有の耐性とその特徴的な土の色調は、リヤドロの芸術家の創造力を広げます。

  • リヤドロ

1980年代、新しい表現方法の追及が絶え間なく続けられました。 ポーセリンを自在に操る技法により、並外れたモデリング力を示す作品が生まれました。 スカルプチャ―カプリス ゴエスカスのような非凡なコレクションで 、アーティストの想像力は幻想と創造の喜びに浸ります。

1985年、リヤドロソサエティが発足しました。 15年の歴史の中で、ブランドのポーセリン コレクターは10万人を超えました。

この時代、リヤドロは国際展開において2つの大きなマイルストーンに達しました。 1986年、リヤドロはアジアに進出し、日本と中国に子会社を設立しました。 そして1988年、ニューヨーク市、マンハッタンの5番街に最初の博物館とギャラリーをオープンしました。 そして、国際化のプロセスは、ロシア、東ヨーロッパ、インドなどの新興市場で着実に継続しました。

  • リヤドロ
リヤドロ

90年代は、リヤドロにとっては激動の時期で、さまざまな出来事がありました。それらのほとんどは、リヤドロのアーティストのディテールとノウハウへのこだわりの現れである鮮やかな花をモチーフとした作品に向けられたものでした。

1991年、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館は、リヤドロ彫刻の展示会を開催しました。以来、コーチそして 本を読むキホーテが常設コレクションの一部となりました。

1995年、東京のファッショナブルな銀座に最初のリヤドロブティックがオープンしました。 1996年にマドリードの高級通りであるセラーノ通りに最初の店舗がオープンし、1997年にビバリーヒルズのブティックがロデオドライブにオープンしました。

この年代、リヤドロは2つの名誉ある賞を受賞しました。1993年にフェリペ皇太子賞国際化部門、1997年にフェリペ皇太子賞競争力部門を受賞しました。

  • リヤドロ
  • リヤドロ

リヤドロは、ハイポーセリンの新しい高みへの表現力を発揮します。ハイポーセリンは、芸術的および技術的品質の高い作品のコレクションであり、ブランドの作品から厳選された傑作のグループです。

同時に、リヤドロは、マットな白磁の彫刻作品や、鮮やかな色彩で装飾されたダイナミックで表現力豊かな作品で新境地を開きます。

宗教の伝統や信念に捧げられた作品が重要な役割を果たし始めます。 ブランドの設立以来の価値の一つは、繊細さと賞賛をもって最も多様な文化の精神性を扱うノウハウであり、各作品はアーティストにとって、挑戦であり、豊かな芸術性の源でもあります。

この多様な製品は、ハイメ・アジョン、ボードー・スペリン、カルデサックなどの優れた社外デザイナーのコラボレーションによって、より魅力的なものとなっています。これらのデザイナーは、豊かでクリエイティブな交流の中で、リアドロの作品に独自の芸術観を添えます。

2006年と2009年、リヤドロは、それぞれモスクワのペトロフスキー・パッサージュとGUMモールに2軒のブティックをオープンしました。

この年代、リヤドロは、リーディング・ブランド経営部門(2002年)でフェリペ皇太子賞を受賞しました。

  • リヤドロ

リヤドロは、ライティング、ホームアクセサリー、ジュエリーの機能ラインの製作に力を入れ、現代的でエレガントでオリジナルなライフスタイルを代表するポーセリンブランドとしての地位を強めていきます。

ポール・スミス、ロリト、ゲイリー・ベースマンなどの著名な社外デザイナーとの豊かでクリエイティブな交流により、コラボレーションも頻繁に行われています。

2012年、のリヤドロブティックがニューヨーク市、マディソン街500番地にオープンしました。 2017年、同社は企業の積極的な経営に特化したスペインの投資ファンドである、PHI Industrial Groupに買収されました。

  • リヤドロ